適した家具を利用するために、行える事を知る

効果のある蛍光灯

電器屋としては損なのですが・・・。

蛍光灯はどこのご家庭でもあります。台所、洗面台、リビングなどなど、いたるところで照明として使われるものです。もちろんオフィスにも。 「交換」が面倒だ、一番多くあるのはこれです。 もう一点、あまり知られていませんが「電気代」が結構かかります。 その点LED蛍光灯であれば、交換は10年に一度でしたり、電気代の節約にもなります。 電器屋さんは交換してもらって、新しい蛍光管が売れたほうがはるかに得です。 裏を返せば、お客さんから見ると損なんです。 ではなぜ、電器屋さんはLED蛍光灯を勧めるのか。 一つは手間がかからないからです。「交換してください」と配達したり交換したりというのが結構な手間なのです。 その点LED蛍光灯ですと、交換する必要がめったにありません。 電器屋さんからするとLED蛍光灯を一度取り付けさせてもらえれば、10年は交換不要。こう考えると楽をさせてもらえる、と言えるのです。 もちろん、これによってお客さんにもメリットがあります。 一挙両得、さらには電気の無駄が省けます。

LED蛍光灯のほうがなぜ安い

蛍光管の中で、どういう現象が起こっているのでしょうか。 実は、弱い雷が走っています。それを照明にしています。 ですので、通常の蛍光灯の場合「保安球」ともう一つ「グロースタータ」という小さい、ですがすごく重要な「消耗品」が付いています。 これが一番電気代をあげることになるものなのです。 大きさにもよりますが「こまめにけす」のが逆効果、電気代はかえって高いということがあります。 その点LED蛍光灯の場合、「グロースタータ」は必要ありません。 そもそも雷が走っているわけではありませんので。仕組みが違うのです。 LED蛍光灯ですと、「こまめにけす」ほうが電気代がかかりません。 初期費用が少しかかったりします。が、十年間交換不要。いらないところを消して回るだけで節電になります。まだそれほど浸透していませんがLED蛍光灯の有用性がご理解いただけるとありがたいです。

Copyright (c) 2015 適した家具を利用するために、行える事を知る all reserved.